経済再生

経済委員長として

 

■地域を活性化し元気を取り戻すには、行政の無駄の排除も大切です。 しかしそればかりに目が行き過ぎると、負の連鎖に陥りやすくなります。

地域の新しい公共交通体系の確立や災害対策、交通事故対策等の新しい公共事業を提案し、経済の活性化を計ります。

 

■デフレ経済の日本では価格的にあまり評価されない日本の農・水産物も、海外ではその質の高さが高い評価を得ています。

県内の農・水産物の海外販路輸送手段の開拓など、個人輸出も含め積極的に支援し、農・水産業の復活を支援します。

大山一郎が取り組む3つの重要課題